出典:デジタル大辞泉(小学館)

物の作り方。さほう。「小説の作法」

[補説]現代では多く「さほう」という。