出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1811~1864]江戸末期の学者。信濃松代藩士。名は啓 (ひらき) 。初め朱子学を、のちに蘭学を修め、西欧の科学技術の摂取による国力の充実を主張したが、京都で攘夷派に暗殺された。門下に勝海舟吉田松陰らがいる。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉