出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸前期の下総 (しもうさ) 佐倉領の義民。本名、木内惣五郎。印旛郡公津 (こうづ) 村の名主。領主の重税を将軍に直訴して処刑されたという。江戸後期、実録本・講釈などによって広く世人に知れ渡るようになった。生没年未詳。佐倉宗吾。