出典:デジタル大辞泉(小学館)

糸でつり下げた針。弓の的としてきわめて小さいもの。

「弓は三人ばり、矢束 (やづか) は十三束 (ぞく) 、―をも射んと思ふ者なりけり」〈保元・中〉