あんてい‐きょうこう〔‐キヨウクワウ〕【安定恐慌】 の意味

  1. インフレーションを収束させ、貨幣価値を安定させるための政策から生じる恐慌的現象。特に、昭和24年(1949)のドッジラインによって起きた日本の恐慌。