出典:デジタル大辞泉(小学館)

蜘蛛 (くも) の古名。また、蜘蛛の糸。

「あさぢが露にかかる―」〈・賢木〉

[補説]上代「笹が根の」の意の「ささがねの」を、中古になって、音の類似から「ささ蟹」と解し、「ささ」が小さいの意に意識されて、生じた語か。