出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. さざ波。

    1. 「―浮きて流るる泊瀬川 (はつせがは) 寄るべき磯のなきがさぶしさ」〈・三二二六〉

  1. さざ波がしきりに、または、絶えず立つところから、「しくしくに」「やむ時もなし」「間 (ま) なく」「しきて」などを導く序詞として用いる。

    1. 「千鳥鳴く佐保 (さほ) の川瀬の―やむ時もなし我 (あ) が恋ふらくは」〈・五二六〉

[枕]さざ波が立つ意から、「立つ」にかかる。
    1. 「―立ちても居ても」〈・三九九三〉