出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「さんさか」の音変化》ツバキ科の常緑小高木。九州・四国の山地に自生。葉は楕円形で両端がとがる。晩秋のころ白い花をつけ、散るときは花びらがばらばらに落ちる。種子から油をとり、材で器物を作る。園芸・観賞用としても栽培され、赤花・八重咲きなどの品種がある。 冬》「―のここを書斎と定めたり/子規

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[冬/植物]の季語