出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ダ下二]

  1. 《「さし」は光が射す意》さしはじめる。輝き出る。

    1. 「日も―・でぬべし」〈・三六〉

    1. ㋐はっきり姿を現す。ぬきんでる。

      「さる滝の上に、わらふだの大きさして、―・でたる石あり」〈伊勢・八七〉

    2. ㋑外に出る。人前に出る。

      「簾 (すだれ) の下より…重なりたる袖ぞ―・でためる」〈かげろふ・下〉

    3. ㋒出仕する。

      「故院の御かたみにはゆかしく思ひ参らすれど、―・でむことなほあるべきことならず」〈讃岐典侍日記・下〉

    4. ㋓出過ぎたことをする。でしゃばる。

      「はしたなきもの、こと人を呼ぶに我ぞとて―・でたる」〈・一二七〉

  1. 外に出す。人前に出す。

    1. 「大きなる池の中に―・でたれば」〈・胡蝶〉