出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 扇をかざして顔を隠すこと。また、その扇。

    1. 「この上は―をのけられ候へ」〈謡・藤栄〉

  1. 儀式などの際、女官がかざして顔を隠す檜扇 (ひおうぎ) 

  1. 能の舞の型の一。左・右と二歩後退しながら扇を右側から大きく上げ、前方に水平に出す。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉