• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ざ‐しき【座敷】 の意味

  1. 畳を敷きつめた部屋。特に、客間。「お客を―に通す」
  1. 宴会の席。酒席。また、酒席での応対。「―が長引く」「―を取り持つ」「―をつとめる」
  1. 芸者・芸人などが招かれる酒席。「お―が掛かる」→御座敷 (おざしき) 
  1. しとね・円座・上げ畳など、すわるための座を敷くこと。また、そのようにした場所。通常の板敷きに対していう。
    • 「御―に高く座を構へて」〈沙石集・九〉

ざ‐しき【座敷】の慣用句

  1. ざしきあそび【座敷遊び】
    • 茶屋や料亭で、芸妓(げいぎ)の唄や踊り、虎拳(とらけん)などの余興を楽しむこと。お座敷遊び。
  1. ざしきあんどん【座敷行灯】
    • 茶席で用いる行灯。露地行灯に対していう。
  1. ざしきいぬ【座敷犬】
    • 散歩に出るとき以外は室内にいる犬。室内で飼う犬。小型犬が多い。
  1. ざしきうた【座敷歌】
    • 民謡の分類の一つで、酒宴の席でうたわれる歌。労作歌や盆踊り歌などから転用されたものが多い。祝い歌・騒ぎ歌など。
  1. ざしきおどり【座敷踊(り)】
    • 酒宴の席などでおどる踊り。
    • 大坂新町で、8月朔日から15日まで揚屋(あげや)の大座敷で行った遊女の総踊り。
      「―の仕舞(しまひ)、乱れ姿の暮れ方」〈浮・一代男・七〉
  1. ざしきぎ【座敷着】
    • 芸者や芸人などが、客の座敷に出るときに着る着物。
  1. ざしきげい【座敷芸】
    • 酒宴の席などで、興を添えるために演じる芸。
  1. ざしきじょうるり【座敷浄瑠璃】
    • 宴席などで興を添えるために語る素浄瑠璃
  1. ざしきのう【座敷能】
    • 舞台で行われる能に対して、座敷で行われる能。
  1. ざしきのぼり【座敷幟】
    • 端午の節句に、座敷の中に立てて飾る小さな。内幟(うちのぼり) 夏》
  1. ざしきもち【座敷持(ち)】
    • 《専用の座敷を持つところから》近世中期以後、江戸新吉原・品川などの遊女で、部屋持ちの上の位の者。
  1. ざしきろう【座敷牢】
    • 格子などで厳重に仕切り、外へ出られないようにして、罪人・狂人・放蕩者(ほうとうもの)などを押し込めておく座敷。
  1. ざしきわらし【座敷童】
    • 東北地方で、旧家に時折現れるといわれる家の守り神。童形で顔が赤く、髪をおかっぱにしており、時にはいたずらもするが、いなくなると家が没落すると伝えられる。ざしきぼっこ。くらぼっこ。
  • ざ‐しき【座敷】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 九人一つ座敷にいる中で、片岡源五右衛門は、今し方厠へ立った。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・土下座せんばかりの母親の挨拶などに対しても、父は監督に対すると同時に厳格な態度を見せて、やおら靴を脱ぎ捨てると、自分の設計で建て上げた座敷にとおって、洋服のままきちんと囲炉裡の横座にすわった。

      有島武郎「親子」

    • ・・・クサカも次第に別荘の人の顔を覚えて、昼食の前半時間位の時になると、木立の間から顔を出して、友情を持った目で座敷の方を見るようになった。

      著:アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ 訳:森鴎外「犬」