出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《「堵」は垣根の意》
  1. 気がかりなことが除かれ、安心すること。「安堵の胸をなでおろす」「無事を聞いて安堵した」

  1. 垣根の内の土地で安心して生活すること。また、その場所。

    1. 「それより八幡にも―せずなりて、かかる身となりにけるとぞ」〈著聞集・一二〉

  1. 中世、土地の所有権・領有権・知行権などを幕府・領主が公認したこと。

出典:青空文庫

出典:gooニュース