出典:デジタル大辞泉(小学館)

戦国時代以降、武士が目印として指物 (さしもの) にした小旗。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉