出典:デジタル大辞泉(小学館)

袴 (はかま) の一。括 (くく) り緒の袴の系統で、裾口にひもをさし通し、着用の際に裾をくくって足首に結ぶもの。八幅 (やの) の裾長を普通とし、略儀に用いる布製の袴の布袴 (ほうこ) がのちに絹製となり、公卿は綾・固織物・浮織物を用いるのが例となった。指貫の袴。奴袴 (ぬばかま) 。