出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ特活]《動詞「さす」の連用形「させ」に助動詞「やる」が付いた「させやる」の音変化》「させる」の意で、対等、またはそれに近い下位のものからさせられるときにいう。
  • 「あのやうなる病者 (やまひもの) ををこして、迷惑を―・る事じゃ」〈狂言記・緡縄〉
[補説]活用は助動詞「やる」に同じ。