出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. (差す)

    1. ㋐(「射す」とも書く)まっすぐに光が照り入る。光が当たる。「西日が―・す」

    2. ㋑潮が満ちてくる。また、水が増して入り込む。しみ込む。「潮が―・す」「氾濫した川の水が床下まで―・してきた」「井戸に廃水が―・す」

    3. ㋒何かのしるし・気配などが自然と外に現れる。「ほおに血の気が―・す」「景気にかげりが―・す」

    4. ㋓ある種の気分・気持ちが生じる。きざしてくる。「眠けが―・す」「魔が―・す」「気が―・す(=気がとがめる)」

    5. ㋔平熱より高くなる。熱が出る。「熱が―・す」

    6. ㋕枝や根が伸び広がる。草木が伸びて出る。「枝葉が―・す」

  1. (指す・差す)

    1. ㋐指などで目標とする物や場所・方向を示す。指さす。「指で―・して教える」「後ろ指を―・される」「時計の針が七時を―・している」

    2. ㋑人や物をそれと決めて示す。指名する。また、密告する。「文中のそれは何を―・しますか」「生徒を―・して答えさせる」「犯人を警察に―・す」

    3. ㋒その方向へ向かう。目ざす。「南を―・して飛ぶ」

    4. ㋓物差しで寸法を測る。

      「縦横の寸法を―・してみた」〈三重吉・桑の実〉

    5. ㋔指物を作る。

    6. ㋕将棋で、駒を動かす。また、対局する。「将棋を―・す」「一局―・す」

    7. ㋖物を手で持って上げる。両手で高く上げる。「米俵を―・す」

    8. ㋗傘などをかざす。

    9. ㋘肩に担ぐ。になう。「駕籠 (かご) を―・す」

    10. ㋙舞で、手を前方に伸ばす。「―・す手引く手」

    11. ㋚相撲で、相手の脇の下に手を入れる。「右を―・す」

    12. ㋛競馬などで、ゴールの直前で先行するものを追い抜く。「―・して首の差で勝つ」

    1. ㋐雲などが、立ちのぼる。

      「八雲―・す出雲の児らが黒髪は吉野の川の沖になづさふ」〈・四三〇〉

    2. ㋑さしつかえる。

      「ちとお寺に―・す事ある」〈浄・薩摩歌〉

[可能]させる
[補説]「指す」「差す」「射す」「刺す」「注す」「点す」「挿す」「鎖す」などと、いろいろに漢字が当てられるが、本来は同一の語。