出典:デジタル大辞泉(小学館)

[助動][させ|させ|さす|さする|さすれ|させよ]上一段・上二段・下一段・下二段・カ変・サ変動詞の未然形に付く。
  1. 使役の意を表す。せる。させる。

    1. 「これはいさめる馬なりとて、鞍を置きかへさせけり」〈徒然・一八五〉

  1. 動作を他に任せておいて、結果的にそうなることを表す。…に任せる。→させるしむしめるせる

    1. 「馬の腹射させて引き退く」〈平家・一二〉

  1. (多くあとに「たまふ」など尊敬の意を表す語を伴って)尊敬の意を強める。…なさる。

    1. 「二月の二十日あまり、南殿の桜の宴せさせ給ふ」〈・花宴〉

  1. (謙譲語「聞こゆ」に付いて)謙譲の意を強める。お…申し上げる。→聞こえさす

    1. 「今一度かく見奉り聞こえさすることもなくてや」〈・行幸〉

[補説]「さす」は上代から近世まで広く用いられたが、1の用法が原義。近世以降は四段型にも活用する。2は中世の軍記物語の類に多くみられる武者言葉の一用法。34は中古以降の用法で、3の「させたまふ」「させおはします」「させらる」などは高い敬意を表す。