出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、罪人などを捕らえるのに用いた三つ道具の一。2メートル余の棒の先に、二またに分かれた鉄製の頭部をつけたもの。これでのど首を押さえる。→突棒 (つくぼう) 袖搦 (そでがら) み

[補説]現在も警察で用いられることがあるほか、学校などの施設で防犯用具としても使用されている。

出典:青空文庫