出典:デジタル大辞泉(小学館)

サトイモ科の多年草。中部地方以北の山間の湿地に自生。全体に悪臭がある。葉は大きい心臓形で長さ約40センチ。4月ごろ、葉の開かないうちに、紫黒色の厚い仏炎苞 (ぶつえんほう) に包まれた花をつける。名はこの形に由来。だるまそう。べこのした。 春》

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[春/植物]の季語