出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 是非を論じる範囲をこえていること。論外。また、言語道断。もってのほか。「あんな男をリーダーに据えるとは沙汰の限りだ」「沙汰の限りを尽くす」

  1. 理非・善悪の問題となる範囲。

    1. 「是をだに心得ざらんは―にあらず」〈正徹物語・上〉