出典:デジタル大辞泉(小学館)

沙汰の限り1」に同じ。

「朝敵となり給ひて後は、我が身一人の置き所なし。家人の恩までは―なり」〈盛衰記・二〇〉