出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、太政官の長官。太政大臣の次位、右大臣の上位にあって、政務を統轄した。左府。左丞相 (さしょうじょう) 。左僕射 (さぼくや) 。ひだりのおおいもうちぎみ。ひだりのおとど。

  1. 明治初期の太政官制における官名。明治18年(1885)、内閣制度発足で廃止。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉