出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 江戸時代、幕府や諸藩が出した法令・規則。また、それを「定書」または「定」と題して記し掲示したもの。法度書 (はっとがき) 。おさだめがき。

  1. 商店などで規則または商品の種類・価格などの箇条を記し掲示したもの。

    1. 「とかく梵悩 (ぼんなう) の火の用心は、湯屋の―に似たり」〈滑・浮世風呂・前〉