出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 能楽歌舞伎などで、役者や作者などがある座に専属すること。また、その人。

  1. 芸者・芸人などが宴席に出て最初に奏する祝儀の曲。お座付き。

  1. 上方歌舞伎で、顔見世などのとき、新加入の役者の紹介や新座元のあいさつなどの口上 (こうじょう) を述べること。

  1. 所定の座に着くこと。また、席順。

    1. 「様付けし人も殿になり、―も上 (かみ) へは上げず」〈浮・一代女・二〉

  1. 座の取り持ち方。

    1. 「言葉もせまり汗をかきて、―むつかしくなって」〈浮・一代男・六〉