出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副](スル)
  1. 力を込めて一気に切ったり割ったりするさま。大きく切れ目を入れるさま。「キャベツをざっくり(と)切る」「布地にざっくり(と)はさみを入れる」

  1. 深くえぐれたり、大きく割れたりするさま。「ざっくり(と)割れたスイカ」

  1. 大ざっぱなさま。全体を大きくとらえるさま。おおまかに。「取りあえずざっくりとしたところだけでも決めておこう」「ざっくりとした話し合い」「要旨をざっくりととらえる」

  1. 金・米・砂などを、大量に、また、無造作につかんだりすくったりするさま。「砂利をざっくり(と)すくう」

    1. 「紙入の中を―と掴んだ」〈鏡花婦系図

  1. 上着などを無造作に着るさま。「ざっくり(と)着こなす」

  1. 編み物などの、編み目や手ざわりなどが粗く厚みを感じるさま。「ざっくり(と)したセーター」

出典:gooニュース