ざっしょう‐ぶぎょう〔ザツシヤウブギヤウ〕【雑掌奉行】 の意味

  1. 室町時代、将軍が大名の屋敷に出向いた際、その家で将軍を供応するための費用をつかさどらせた臨時の職。