出典:デジタル大辞泉(小学館)

鹿児島県北西部にある市。川内川下流の九州本土区域と、甑島 (こしきじま) 区域からなる。奈良時代には薩摩国府が置かれた。平成16年(2004)川内市、樋脇 (ひわき) 町、入来 (いりき) 町、東郷町、祁答院 (けどういん) 町、里村、上甑 (かみこしき) 村、下甑 (しもこしき) 村、鹿島村が合併して成立。人口10.0万(2010)。