出典:デジタル大辞泉(小学館)

《副詞「さ」+接続助詞「て」から》

[接](「扨」「扠」「偖」とも書く。「扨」は国字)
  1. 一つの話が終わって、新しい話題に移るときに用いる。ところで。一方。「さて、話は変わって」

  1. 前述の事柄を受けて、あとに続けるときに用いる。そうして。それから。「自分の席に着き、さて仕事にかかろうとすると」

  1. 前述の事柄に反するような事実を述べるときに用いる。しかし。ところが。「口で言うのは簡単だが、さて実行に移すとなるとなかなか難しい」

[感]
  1. 次の行動に移るとき、自問したり相手に呼びかけたりする語。さあ。まあ。「さて、どうしたものだろう」「さて、そろそろ出かけようか」

  1. 深く感心する気持ちを表す語。はてさて。なんとまあ。「さておうらやましいことで」

  1. 文末に置いて、自分の発言内容を確認したり強調したりする語。まあ。

    1. 「そなたが待たば愚僧も待たうは―」〈虎寛狂・宗論

[副]
  1. 前に述べた事柄を認容・放置するさま。そういう状態で。そのままに。

    1. 「見そめつる契りばかりを捨てがたく思ひ…、―たもたるる女のためも」〈・帚木〉

  1. (「さての」の形で)そのほかの。それ以外の。

    1. 「―の日を思ひたれば、また南ふたがりにけり」〈かげろふ・下〉