出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1650~1719]江戸中期の儒学者。備後の人。山崎闇斎 (やまざきあんさい) に師事。崎門三傑の一人と称されたが、朱子学の純一性を主張し、垂加神道を唱えた師のもとを去った。著「四書便講」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉