出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 里居 (さとい) 」に同じ。→内 (うち) 住み

    1. 「源氏の君は、上の常に召しまつはせば、心安く―もえし給はず」〈・桐壺〉

  1. 出家の意志を持ちながら、果たさずにいること。

    1. 「人に言ひさまたげられて、今までかかる―をして」〈かげろふ・中〉