出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動バ上二]《「ぶ」は接尾語》
  1. 俗なさまである。

    1. 「高尚の題目を論ずるにいと―・びたる言語を以てするに」〈逍遥小説神髄

  1. 田舎くさくなる。ひなびる。

    1. 「筑紫を心にくく思ひなすに、みな見し人は―・びたるにも、心得がたくなむ」〈・玉鬘〉