出典:デジタル大辞泉(小学館)

Sanahin》アルメニア北部にある修道院。10~13世紀に創建、改修されたもので、聖堂・食堂・図書室を備えた複合宗教施設。ビザンチン建築様式と、この地方の伝統的建築が融合した建造物として貴重。世界遺産のハフパト修道院からは3キロメートルほどの距離。2000年にハフパトの世界遺産(文化遺産)に追加登録され、「ハフパトとサナヒンの修道院群」となった。