出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「真 (さ) 根 (ね) 」の意》

  1. 果実の中心にある堅い部分。種。

  1. 板と板をつなぎ合わせるとき、一方の板の側面に作る細長い突起。

  1. 陰核。

  1. 障子や壁の下地となる骨組み。壁下地。

  1. 根本のもの。実体。

    1. 「学問し候ふべき器量などのあるを後世者 (ごせぢゃ) の―と申しあひて候ふなり」〈一言芳談