出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《副詞「さ」+副助詞「のみ」から》
  1. (あとに打消しの語を伴って用いる)それほど。さほど。

    1. 「―運動にはならないでも」〈里見弴・今年竹〉

  1. そのように一概に。

    1. 「今より後は、まして―なむ思う給へらるべき」〈・帚木〉