出典:デジタル大辞泉(小学館)

餡入りの丸いパン。明治7年(1874)東京銀座の木村屋が、米と麹 (こうじ) で生地を発酵させる「酒種 (さかだね) あんぱん」を創製。