出典:デジタル大辞泉(小学館)

銅合金の一。鉛・錫 (すず) 、ときに少量の銀を加えたもの。また、それで作った仏具・皿・鉢など。茶の湯での建水・花入れなどに転用される。さわり。

[補説]「さふら(鈔羅)」の変化した語かといわれる。「砂張」「佐波理」などとも書く。