出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ハ四]《「さもらう」の音変化》
  1. 身分の高い人や敬うべき人のそばに控える。お仕えする。また、宮中など尊い場所にいる。伺候する。

    1. 「女御更衣あまた―・ひ給ひける中に」〈・桐壺〉

  1. 貴人のそばにうかがう。参上する。

    1. 「今日明日すぐして―・ふべし」〈・夢浮橋〉

  1. 品物などが貴人のもとにある。お手もとに存在する。

    1. 「御前に―・ふものは、御琴も御笛も、みなめづらしき名つきてぞある」〈・九三〉

  1. 対話や消息に用い、聞き手に対して自己の存在する意をへりくだり、また、言い方を丁重にする語。「ある」「いる」の意の丁寧語。あります。ございます。おります。

    1. 「いかなる所にか、この木は―・ひけむ」〈竹取

  1. (補助動詞)

    1. ㋐形容詞の連用形や断定の助動詞「なり」の連用形「に」などに付く。補助動詞「ある」の意の丁寧語。…でございます。

      「あさましく―・ひしことは」〈大鏡・花山院〉

    2. ㋑動詞の連用形に付いて、その動作を丁寧に表現する。…ます。

      「からい目を見―・ひて」〈・三一四〉

[補説]丁寧語「さぶらふ」は平安中期ではまだ使用例が少なく、通常は「はべり」が用いられたが、平安後期からその使用が増して「はべり」と交替してゆく。中世になると、「さぶらふ」は「さうらふ」に変化するが、平家物語などでは女性語として用いられる。