出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (‐ハフ)

    1. ㋐物事を行う方法。きまったやり方。きまり。しきたり。「婚儀は旧来の作法にのっとる」

    2. ㋑起居・動作の正しい法式。「礼儀作法」

    3. ㋒詩歌・小説などのきまった作り方。さくほう。「小説作法」

  1. (‐ホフ) 仏事を行う法式。葬礼・授戒などの法式。

    1. 「例の―にをさめ奉るを」〈・桐壺〉

    2. 礼儀 (れいぎ) [用法]

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉