出典:デジタル大辞泉(小学館)

広く植物界に存在する、サポゲニンという多環式化合物と糖とが結合した配糖体。無定形の粉末で、水溶液はよく泡立つ。溶血作用・強心作用・利尿作用・去痰 (きょたん) 作用などがある。薬用に用いられるほか、発泡剤・洗浄剤などにも使用。