出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 城壁・櫓 (やぐら) ・軍船のへさきなどに設け、内から外をうかがったり矢・鉄砲などを用いたりするための小窓。石狭間・矢狭間・鉄砲狭間・大砲狭間・隠し狭間などがある。

  1. すきま。せまいあいだ。

    1. 「どこやら―があき樽の、底の心は澄まざりけり」〈浄・淀鯉〉

  1. 窓。

    1. 「明かり取りの―より隣を見れば」〈浮・一代男・四〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉