出典:デジタル大辞泉(小学館)

銘に「左」の一字のある刀。南北朝のころの筑前の刀工で、正宗の高弟という左衛門三郎慶源を祖とする左家 (さけ) の鍛えたもの。さもんじ。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉