出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ハ四]《「さ」は接頭語。「もらふ」は動詞「も(守)る」の未然形「もら」に上代の反復継続の助動詞「ふ」の付いたもの》
  1. ようすを見守り、よい機会をうかがい待つ。よい風向きや潮時、また逢瀬などのくるのを待つ。

    1. 「夕潮に船を浮け据ゑ朝凪 (なぎ) に舳 (へ) 向け漕がむと―・ふとわが居 (を) る時に」〈・四三九八〉

  1. 主君や貴人のそばに仕えて命令を待つ。伺候する。→候 (さぶら) う

    1. 「鶉 (うづら) なすい這 (は) ひもとほり―・へど―・ひ得 (え) ねば」〈・一九九〉