出典:デジタル大辞泉(小学館)

平織り地に、稲妻・菱垣 (ひしがき) ・卍 (まんじ) などの模様を斜文織りで表した光沢のある絹織物。中世末ごろから江戸初期にかけて多く用いられた。さあい。さあや。

[補説]語源は、ポルトガル語のsaia(スカート)からともいう。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉