出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. ひだりとみぎ。「左右を確認する」「左右の手」

  1. かたわら。そば。まわり。「左右に従える」

  1. そば近く仕える者。側近。「左右に問う」

  1. 年齢などが、それに近いこと。前後。「六〇左右の人」

  1. 立場や態度をあいまいにすること。「言を左右にする」

  1. 左か右かを決定すること。どちらかに決めること。

  1. 思うままに支配すること。決定的な影響を与えること。「一生を左右するような出来事」「作物の生育は天候に左右されやすい」

  1. 能や狂言の舞の型の一。左手をやや高く出し、左斜め前へ左足を出して右足を引きつけ、右手をやや高く出し、右斜め前へ右足を出して左足を引きつける。