出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. ざら紙」の略。

  1. ざらめ糖」の略。

  1. ばら銭。

    1. 「夜盗ども見ろと両手で―を寄せ」〈柳多留・五〉

[形動][文][ナリ]
  1. いくらでもあって、珍しくないさま。「その程度の作品ならざらにある」

  1. むやみやたら。

    1. 「それは勿論―に人に見せられるものでない」〈福沢福翁自伝

出典:gooニュース

出典:青空文庫