出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]《「あんべい」とも》
  1. 安らかで穏やかなこと。また、そのさま。

    1. 「四海の―、掌 (たなごころ) の内に照らし」〈浄・吉野忠信〉

  1. むずかしくないこと。また、そのさま。安易。

    1. 「さては―ごさんなれとて、修行にぞ出でにける」〈平家・五〉

  1. 軽んじること。安っぽく扱うこと。また、そのさま。

    1. 「人を―にいふとき、おれらがといふは」〈塵袋・一〇〉

出典:gooニュース