出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 主に木綿地に、人物・花・鳥獣などの模様を多色で染め出したもの。室町時代末にインドやジャワなどから舶載され、日本でも生産した。直接染料で模様を描いた描 (か) き更紗や、型を用いて捺染 (なっせん) したものなどがある。16世紀末のインドで極上多彩の木綿布をsarasoまたsarassesと呼んだところからの名という。印花布。花布。

  1. 花の色で、紅白がまじって、サラサ染めに似たもの。

  1. サラサ形」の略。

  1. サラサ紙」の略。