出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安中期の日記。1巻。菅原孝標女 (すがわらのたかすえのむすめ) 作。康平3年(1060)ころの成立。作者13歳の寛仁4年(1020)、父の任国上総 (かずさ) から帰京する旅に始まり、51歳で夫の橘俊通と死別するころまでの回想記。