サラワク【Sarawak】 の意味

  1. マレーシア、ボルネオ島北西部の州。州都クチン。1841年、英国人ジェームズ=ブルックが、海賊平定の功績によりブルネイのスルターンから藩王の称号を受けて、サラワク王国を建国。19世紀末に英国保護領、1963年にマレーシア連邦に編入された。ゴム・木材などを産出。北東部のミリをはじめ、油田開発が進んでいる。

サラワク【Sarawak】の慣用句

  1. サラワクチャンバー【Sarawak Chamber】
    • マレーシア、ボルネオ島北西部、サラワク州のグヌンムル国立公園内の洞窟にある巨大な地下空洞。1981年に発見。長さ700メートル、幅400メートル、高さ80メートルであり、世界最大の地下空洞として知られる。