出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]《「さありげ」の音変化》そのようなようす。そのようなけはい。また、そのようであるさま。
  • 「おぼす事やある。御けしきにこそ―なれ」〈落窪・二〉